金山寺味噌・完成

前回の仕込みから約40日。
楽しみにしていた金山寺味噌の開封の儀を友人達と共に行ってみました。
_MG_0675
袋を解いて蓋を開けた時点で独特の甘い麹の発酵した匂いが漂い、「たまり」と呼ばれる醤油の原型といえる液体が味噌の周りにたまっていました。
たまりに若干カビが生えていたので取り除き、後日煮物に使う事に。
ただ想像していたより水分が少ない様な?
そして本来はここから3ヶ月くらい熟成させていくのでまだ白っぽく、味も少し丸みが無いように感じましたがそれでも十分濃く深い味わい。
_MG_0662
友人宅で手作りの豆腐、セロリやきゅうりなどの野菜、そしてご飯と一緒に自作、友人作、本家の堀河屋さんの味噌3種類を食べ比べ。やはり本家と比べるとまだ若い感じ、でもとても美味しく、ドイツで味わうには十分すぎるほど十分な素晴らしいものになりました。
これでよいテスト製作になったので、次は2-3kgのまとまった量で仕込んでみようと思います。

_MG_0673

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中