吉野の鶏めし(大分ローカルフード)

「吉野の鶏めし」。大分出身の人間なら知らない人はいないくらいにポピュラーな食べ物。要は鶏肉とゴボウを甘めに煮たまぜご飯ですが、これがうまいんです。

うまいんです。(2回)

とりめし
今回はクックパッドのこのレシピを参考にさせて頂きました。

【材料】(3合分)

  • 米 3合
  • 鶏肉 300g
  • ゴボウ 1/2本
  • 醤油 70ccくらい
  • 砂糖 大さじ4-5
  • にんにくすりおろし 1かけ分
  • 酒(みりんでも可) 大さじ2

【作り方】

  1. 米を研ぎ、30分程水に浸けておく。鶏肉は細切れ、ゴボウはささがきにして小さめに切る。
  2. フライパンに油(分量外)を熱し、鶏肉を炒め、火が通ったらゴボウを炒める。しんなりしたら醤油・砂糖・にんにく・酒を加え、きんぴらを作る要領で汁気が残るくらいまで煮詰めるように煮る。
  3. 米が炊きあがったら、汁と共にご飯に混ぜ込み、15分程蒸らして出来上がり。

ーーーーーーーーーーーーー

美味しいです。
美味しんぼ71巻「日本全県味巡り大分編」でもしっかり紹介されています。
大分ではスーパーや駅の売店で必ず売られているこのおにぎり、大分に来た際には是非食べて頂きたいものの一つです。ドイツでは日本と同じ様なゴボウは季節ものかつアジア食材マーケットにしかないのでなかなか手に入りません。

美味しいです。(2回)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中